ポジティブライフ〜ダンナと私と不育症

アクセスカウンタ

zoom RSS 生後6ヶ月になります☆つれづれ日記

<<   作成日時 : 2012/07/10 15:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

だいぶご無沙汰してしまいました

1ヶ月近く実家で静養し、わんこも合流。
ついに家族3人プラス1匹の生活が始まりました。

そんな生活がもう2ヶ月近く経つのですが、ずっとブログを放置してしまいました。
たまにブログ村をのぞくと、上位にランクインしていたりしたので、気にしてみてくれている方も
いたりして…と勝手な想像していました


そして今日、やっと書こう、書かなくちゃと思い、こうしています


娘は明日で6ヶ月になり、離乳食もうれしそうに食べ、前歯も出ちゃうというおませちゃんです
夫は試験勉強に忙しく、ワンコも相変わらずのチキン(ドッグなのに)ぶりで娘にびくついたり、私も好きなヨガをマイペースにしたりと、平凡ながら楽しい日々を暮らしています


それでも娘を見るたびに、ふと思い出すのは不育症と戦ってきた日々。お別れした天使君たちのこと。
1年前の不安の渦中にいた私に、今の幸せな風景を教えてあげたいもっと安心していいんだよと伝えてあげたいですね

------------------------------------------------------------------------------------------

昨日、元上司が遊びに来てくれました

先月、Aさん(元上司の仮名)の息子さんが急死されました
私は何も知らずお線香もあげていなかったのですが、わざわざ我が家にきてくださいました

息子さんは私と同じ世代…
早すぎる別れだというのは言うまでもありません。

気丈にされていたけれど、心中を察すると本当につらくて。

修行の旅にでているんだと思うようにしているとおっしゃっていました

やっとこうして人に会ったり、話したりできるようになったとおっしゃっているAさん。
ほんの少しずつ前を向いて、進もうとしているのだと感じました


子を失った辛さは、きっと生涯消えることはないけれど、私はそれでいいと思います
その子がいたことを忘れたくなんてないし、どんなに短い時間であっても親子であった事実を大切に感じていたい。
Aさんが息子さんと過ごした30年近くの思い出と、私が4人の天使と過ごした10週ほどの思い出では傷の癒える時間は違いますが、「失った」悲しみは共感できるように思います

子を失ったとき、周りの反応もさまざまで、Aさんはあえて避けないでほしいと話していました
私もそうでした…
「つらかったね」「大変だったね」と声をかけてもらえるだけで、とても気持ちが楽になります
時期にもよりますが、少しずつ人に話すことで、自分の中で気持ちが整理でき前にすすむこともできます
Aさんは、きっとそれを望んでいるのかな…

だから、私に話をしてくれたのだろうか。



不育症の人たちだって同じではないかと思うんです

赤ちゃんとお別れしたことを、ちゃんと悲しんで泣いて泣いて…
時期がきたら、誰かに聞いてもらいたい。自分の中に赤ちゃんが宿っていたことや、お別れしなければならなかったことを。
そうしてまた、新しい一歩が歩き出せると思っています。



Aさん、このブログにたどり着きましたか?
何の力にもなれませんが、気持ちだけは寄り添っていたいと思います




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
早い!!
もう6ヶ月にもなるんですね!!びっくり!!
お元気そうで・・・
ワンコも一緒に過ごせるようになって良かったですね。

うちの子も2ヶ月になりました。
ムチムチに太って、ズッシリと重さを感じるようになって、授乳や寝かしつけも腕が疲れます。

でも、ほんと幸せですね。

一日一日を大切に、成長を見守っていきたいと思っています。

チャアさん!今度は、育児の先輩として、よろしくお願いしますね。
こたこた
2012/07/28 12:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
生後6ヶ月になります☆つれづれ日記 ポジティブライフ〜ダンナと私と不育症/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる